不動産業界について

私たちが身を置く不動産の業界は大きく分けると、5つのカテゴリに分けることができます。

「開発」

その土地の最大価値を引き出すため、最も適した商品(マンションやアパート等の共同住宅、戸建、商業施設等)を分析し、事業計画の立案や、価格の設定、広告、イベント立案を行う事業を指します。


「分譲」

分譲マンションと呼ばれる1棟マンションの建築を行い、1部屋ごとに分譲して販売を行ったり、大規模な宅地造成を行い地盤調査や改良工事、上下水道等のインフラを整えた土地を1区画ずつ分譲して戸建住宅の販売を行ったりする事業を指します。


「賃貸」

不動産を所有して、自らが貸主となって土地や建物(オフィスビル、商業施設、マンション、アパート、駐車場など)の賃貸を行い、借主から賃料収入を得る事業を指します。


「流通」

賃貸や売買の取引を円滑にするため、売主・買主または貸主・借主のお客様双方の間に立って、条件の調整を行い契約の締結を行う事業を指します。一般的に仲介(媒介)とも呼ばれています。


「管理」

入居者の募集から入居後のトラブルや更新まで一貫してマネジメントを行うプロパティマネジメントと、建物全体の維持や消防法など各種法令に基づいたマネジメントを行うビルマネジメントを総称する事業を指します。



ここでは、アイデアルの事業の軸となる「不動産流通(賃貸・売買仲介)」「不動産管理(PBM)」「不動産再生(ReDEAL)」についてご紹介いたします。

不動産流通(賃貸仲介・売買仲介・販売)

不動産流通(賃貸仲介・売買仲介・販売)

不動産を所有し、「貸したい」や「売りたい」と考えているオーナー様と、「借りたい」や「買いたい」と考えているお客様の間に立って調整役となり、契約を成立させることが不動産流通の仕事です。

物件や顧客の紹介、契約条件の調整や引渡しなど、お客様それぞれの個別事情を解決して両者のニーズに応えることが求められます。

総合賃貸管理(PBM)

総合賃貸管理(PBM)

不動産を所有するオーナー様から物件管理を受託して、立案、募集、契約、管理、運営を行います。

主なやり取りは、不動産所有オーナー様や全国の不動産仲介会社が中心となります。

空室対策のための企画立案やリーシング活動、賃貸契約、家賃の集金、トラブル応対や原状回復工事の立会業務を一括してマネジメントしたり、建物の定期清掃や消防点検など法令を遵守したり、リフレッシュ工事・リノベーションなどを立案・実施し、入居者の入居率維持や資産価値を向上させ、不動産の運営を通してオーナー様の収益の最大化を担うのが不動産管理の役割となります。

不動産再生(ReDEAL)

不動産再生(ReDEAL)

日本にはまだ活用できるにも関わらず、投資対象になりにくく、市場で価値を活かしきれずに目を向けられないままとなっている中古不動産が多数存在します。そのような物件を当社が一度物件を保有し、市場のニーズに合うように調査・企画(リプランニング)・大規模修繕・リーシングを行い、再生完了後に投資家の方に販売を行います。

新たな不動産価値の最大化やSDGsなど様々な社会問題の解決を図る役割を果たしています。