坂内 葵生

01

坂内 葵生(福島県出身)

仕事の哲学・信条

『リスクヘッジを考え、人に迷惑をかけない行動を』
仕事は自分一人だけでは完結しないため、自分の行動に責任を持ち、常に先をよんだ仕事を心がけています。自分だけよければいい、やってもらうのが当たり前、言われたことだけやるという仕事ぶりは自己成長にも繋がらず、会社から必要とされません。時代と共に常に変化し、お客様、同僚に対しリスペクトされる行動をするのが、私の信条です。

今後の目標

まだ確立されていない業務フローが多く、また、ハイテク化が進んでいないところがあるので、今後は社内の基盤固めをしっかりしていきたいと思います。 また、事業拡大の為に社員教育が重要になってきますので、過去の人事・総務の経験を活かし、尽力してきたいです。

アイデアルで働くことになった動機

前職と同じ業種で転職先を探していた時、求人でアイデアルが目にとまりました。HPにスタッフ写真があって風通しの良さを感じ、また、立ち上げ間もないPM事業部はやりがいがある会社だと思い応募。現在の上司である阪野さんとの面接で、今後の事業部ビジョンを丁寧に説明頂き、自分が働いた時のビジョンが思い描きやすかったため、「是非、お願い致します」とお願いし入社としました。

入社して身についたこと

管理業務における知識。会社によって、やり方、考え方は大きく変わるため、転職したことにより、新たな視点から新しい発見があり学べることが多く、とても嬉しいです。

未来のアイデアルメンバーへメッセージ

自分を活かすのは、自分。アイデアルは意見やアイデアを上に上げやすい風通しの良い環境のため、どんどん+になることは提案できます。会社や自分の成長する未来を創造し、働くことが楽しいと思える職場を一緒に作っていきましょう。